インフォメーション

2015-01-23 09:20:00

もっとも大切なのは、”腸を冷やさないこと”。

正常な腸内温度は37℃とされていて、これより冷えてしまうと、

血液循環が滞り気味となって、新陳代謝が悪くなります。

そのため体全体の老化や解毒作用低下によって、

皮膚、呼吸器、肝臓などの内臓に影響が出始め、さらには

免疫力低下による、様々な病気の要因にもなってしまいます。

 

当院では、全身施術の際、超短波で腹部を内部から温め、

みなさまの腸活のお手伝いをしています。

温まったら、腹巻きなどで保温していただくと、

腸が働きやすい環境を作れます。