インフォメーション

2014-04-05 12:45:00

「腰が痛くなってきたから、骨盤がゆがんでるのかなぁ?」お客様からよく言われます。

 

痛くなってきたから、腰の存在が気になり始めた・・・。

肩が痛くなってきたから、肩の存在が気になり始めた・・・。

そうなんですね、体調が良い時は、”腰の存在”や”肩の存在”を感じない、不思議ですが・・・。

 

さてさて話を戻しますね。

施術の後、ベッドに座った時に、私はほとんどのお客様の座り方を直してもらいます。

腰が丸まっている(骨盤が後傾している)方がほとんどだからです。

座りなおしてもらうと

「すごい腰がスッキリする」とみなさんにっこり笑います。とっても素敵な笑顔になるのです。 

さらに「どうやって座ったらいいか、わからなかった。」とも、おっしゃるのです・・・。

 

骨盤が後傾している方は、イライラすることが多かったり、やる気がなくて疲れることを訴えます。(見ていても、そう感じることが多いのですが・・・。)

それは、骨盤中央の仙骨の内側には、多くの副交感神経が張り巡らされているのに、

骨盤が後傾しているために、正常に働かなくなっているからです。

 

 

座り直すして骨盤を立てると、気持ちもシャキーンとして、いい笑顔になりますよ(*^_^*)

気持ちもしっかりコントロールしましょう!